gallery VOICE



加藤 委 Kato Tsubusa(1962-)

略歴
1962 多治見市小名田町に生まれる
1979 多治見市意匠研究所修了
1986 尼ヶ根古窯発掘調査参加
1989 サボァ・ヴィーブルにて初個展(東京)
1993 京都書院より「陶」Vol..85『加藤 委』刊行
1996 滋賀県立陶芸の森にて『凛・現代の陶芸美展』(信楽)
   愛知県陶磁資料館にて『現代陶芸若き旗手たち』展(瀬戸)
   国際陶芸アカデミーによる「東海の現代陶芸」展
   同・名古屋会議にてワークショップ(名古屋)
   東京国立近代美術館にて『磁器の表現・90年代の展開』(東京)
1998 NHK BSやきもの探訪『[土を切る]加藤 委』放映
1999 コンテンポラリー セラミック アーツにて「ファエンツァ、愛知、ソウル」展(ソウル)
   ソウル産業大学にてスライドレクチャー、ワークショップ(韓国)
2002 岐阜県現代陶芸美術館にて「現代陶芸の100年展」(多治見)
2003 茨城県陶磁美術館にて「白磁・青磁の世界」展(笠間)
   金沢・世界工芸フォーラム2003(金沢)
2004 岐阜県美術館にて「心のかたち・暮らしのかたち」展(岐阜)
   岐阜県現代陶芸美術館にて「ミノ・セラミックス・ナウ」展(多治見)
   瀬戸市新世紀工芸館企画展「行為する日々 加藤 委ー金 憲鎬」展(瀬戸)
2006 Dai Ichi Artsにて個展(ニューヨーク)
   やきものの現在 PartⅡ
2009 -牛田コレクションを中心に-select & collect
   第3回牛田コレクション選定
   個展、グループ展その他多数

<パブリックコレクション>
愛知県陶磁資料館(瀬戸)、京都新聞社(京都)シカゴ美術館(シカゴ) 石川県立九谷技術研究所(石川)、ブルックリン美術館(ニューヨーク) 菊池寛実記念 智美術館(東京)、メアリー&ジャクソン・バーク財団(ニューヨーク) 岐阜県現代陶芸美術館(多治見)、リバーリトリート雅楽倶(富山) ビクトリア&アルバート美術館(ロンドン)、茨城県陶芸美術館(茨城)

>> more artist-作家一覧にもどる



Copyright(c)2007-2016 gallery VOICE All Rights Reserved.